シンガポールの物価

| コメント(0)

日本からの旅行先として人気の東南アジア。
近いことと物価が安いことがその主な理由ですが、
ことシンガポールの物価に関しては少々事情が異なります。
東南アジアの中でも経済成長著しいシンガポールは、それに比例して物価も高いのです。
ただしものによっては日本より安く済むこともあるので、賢く楽しみたいものです。

まず宿泊費ですが、便利な場所にあって観光拠点となるような一流ホテルは
周辺諸国に比べてかなり高めとなっていますが、
少し離れたところなら小規模でリーズナブルなホテルを見つけることもできます。

食事に関しては、レストランの場合10%のサービス料に加え
GSTと呼ばれる7%の税金(日本の消費税に相当)が加算されるので、
合計すると日本よりも高くついてしまいます。
特にアルコールの値段が高めです。
ただしチップの習慣がないので額面以上の出費の心配はありません。
人気の屋台村「ホーカーセンター」では地元のB級グルメを安く楽しむことができます。

買い物にもGSTがかかりますが、一定金額を超えると還付されます。
ブランドの服や靴、バッグなどは日本とほぼ同じ値段ですが、
スーパーで売っている食料品や飲み物などは日本より安いものも多くあります。

公共交通機関が発達していて移動がとても便利なシンガポールですが、
その料金は日本と比べるとかなり安く、利用しやすくなっています。
タクシーも安いですが深夜やピーク時には割増料金が発生することがあるので注意が必要です。

シンガポールの海

| コメント(0)

シンガポールの海で一番有名なのはパラワンビーチというアジアの最南端のビーチで、
緑色の海と緑に囲まれているビーチなので、
恋人同士でゆっくりとリゾート気分を満喫するのに適した場所です。
しかしこの付近の海は深い場所が多いので、
泳ぎが苦手な大人や子どもがいる場合には泳ぐことは難しく、
海水浴を満喫する場合には他のビーチを見つける必要があります。

海水浴で水着を着るなら脱毛をすることをオススメします。
自己処理するのもいいですが肌への影響が不安な人は、
郡山のミュゼみたいなサロンで脱毛しましょう。
肌への影響が少なくツルスベの肌を手に入れることができます。

またこの地域ではスコールと呼ばれる豪雨があるので、
シンガポールの天気予報などをチェックすることも忘れてはなりません。
シンガポールで人が少ない穴場のビーチとして知られているのはクス島のビーチで、
ここはあまり人がいないので、
プライベートビーチのような感覚で恋人同士で海水浴を楽しむことができますが、
アクセスの良いセントーサ島に比べると距離的にも離れていて、
フェリーを乗り継ぐ必要があるので、観光客がほとんど入っていません。

海水浴をするために施設や安全に関する配慮があまりされていない場所なので、
荷物の管理などは必ず自分達でしておく必要があり、
万が一海の事故などがあった場合でも監視員などが充実していないので、
人気のあるビーチに比べるとセキュリティに問題はありますが、
冷水のシャワーが完備されていたり、
シンガポールのビル群を一望できるビーチがあるので、
日本人観光客には人気のスポットとなっています。

また小規模な売店が点在しているので、みやげ物を買ったり、
生活必需品の不足を補うこともできます。

シンガポールの常識

| コメント(0)

ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇で、シンガポールへ旅行される方は多くいます。
多くの観光名所やショッピング施設があるので人気がありますが、
シンガポール旅行の際には注意すべきことがあります。
それは、シンガポールはガムを持ち込むことができないことです。
これは常識的なことで、旅行ガイドブックには必ず「ガムの持込ができません」という記述がされています。

もともとシンガポールでは、20年以上前から国内でのガムの製造、
海外からの輸入、自国での販売のすべてを禁止するようになりました。
ですから、海外からの旅行者もガムの持ち込みができない事が常識となっています。

なぜこのように厳しくガムを禁止するようになったかというと、
地下鉄のドアにガムが貼り付けられたことがきっかけです。
ガムのせいでセンサーが反応しなくなり、電車が遅れてしまったそうです。
このことは、一歩間違えば大事故となっていたそうです。
それで、厳しく取り締められるようになりました。
シンガポールでは、ガムの代わりにあめ玉が食されています。
ただの飴玉ではなく、ガムのように噛みながら味を楽しむ事ができます。

gamu.jpg

空港では、ガムの検査というものはありません。
しかし、旅行中にガムの持ちこみが発覚すると、
最大1万シンガポールドルという高い罰金を取られることになります。
これは、日本円で置き換えると80万円になります。
ですから、シンガポールに行く際は常識としてガムを持ち込まないようにしましょう。

シンガポールに住む醍醐味

| コメント(0)

シンガポールは、多文化社会の国として多くの日本人の間で話題となることがあります。
この国は、都市国家として経済発展が目まぐるしいこともあり、
先進的な街並みが整えられていることが特徴です。
シンガポールを訪れる日本人旅行者は、年を追うごとに増加傾向がみられており、
世界的にも有名な観光地があることも魅力として挙げられます。

最近では、老後などにシンガポールに住むことを希望する日本人が多くいるとされ、
現地の生活の醍醐味などを日本にいる時から十分に理解をすることが望まれます。
一般に、シンガポールでロングステイの生活を送るには、
専用のビザが発給されるため、大使館などのしかるべき機関に問い合わせをすることが大切です。

また、比較的長期間にわたって現地に住む場合には、
言語的な問題についてしっかりととらえることが求められます。
シンガポールでは、公用語として英語や中国語、マレー語、タミル語などが指定されており、
日本語がほとんど通用しないことが知られています。

そこで、独自の食習慣や風習などはもちろんのこと、
現地生活を送りながら言語学習に取り組むことも醍醐味とされます。
シンガポールに住むコツに関しては、
インターネット上などに様々な人の体験談が紹介されているため、
少しでも海外生活への憧れを抱いている場合には、
手ぬかりなく情報を収集することがポイントです。

テレビ番組などでは、シンガポールに居住をする醍醐味に関して、
有意義な情報が伝えられており、今では多くの日本人からの注目が集まっています。

シンガポールへ旅行

| コメント(0)

シンガポールに旅行に行くと、色々な観光名所があります。
そのなかでもシンガポールの旅行者に最近人気なのが、オーチャードロードという場所です。
例えて言うと、東京の銀座と原宿を足したような雰囲気の場所です。
昼夜問わずに人がたくさんいて、ショッピング施設がとても充実しています。
オーチャードロードを代表するショッピング施設として、
「アイオン・オーチャード」というところがあります。

こちらは、2009年に開業したシンガポールで最もにぎわうショッピングモールです。
なかには、ルイ・ヴィトン、プラダ、クリスチャン・ディオール、
バーバリー、ハリー・ウィンストン、ロレックスなどの高級ブランドがたくさん入っています。
日本で購入するよりもお手軽な価格でショッピングすることが可能です。
その他にもショッピングモールには、美味しい飲食店やグルメも充実しています。

また、オーチャードロードにはシンガポール植物園があります。
こちらでは、珍しい熱帯植物や噴水、湖などを楽しむことが可能です。
なかでも、世界最大規模の蘭園があることで有名です。
その種類は3千種類ともいわれ、多くの旅行者が観光地として訪れています。
蘭には故ダイアナ妃、皇太子ご夫妻など
世界の有名人の名前が付けられているものがあり、存分に楽しめます。

また、自然や緑も多くありますので、四季折々の風景を堪能する事ができます。
シンガポール旅行の参考にされたらどうでしょうか。

さらにシンガポールにはパラワンビーチがあります。
海水浴を楽しみたいという人にはオススメの場所です。
そういう人は脱毛サロンに通った方がいいでしょう。
なかでもミュゼ秋田店は肌への影響が少ないそうですので安心して通えるそうです。